ペインクリニックとは?

神経ブロック注射

透視下ブロック注射

医療機関の方へ


三軒茶屋ペインクリニック モバイルサイト QRコードで

患者の気持ち


神経ブロックについて

神経ブロック療法とは、神経周囲や神経内に局所麻酔薬やステロイドを投与、神経の過緊張や炎症を取り除く方法です。神経や痛みの原因とされる部位を手術で切除したりすることはありません。神経ブロックを繰り返し行うことで、徐々に痛みを軽減することができます。


主な神経ブロック

硬膜外ブロック

星状神経節ブロック

神経根ブロック

三叉神経ブロック

後頭神経ブロック

肩甲上神経ブロック

腕神経叢ブロック

肋間神経ブロック

大腰筋筋溝ブロック

椎間関節ブロック

腰部交感神経ブロック

不対神経節ブロック



トリガーポイントブロック

レントゲン透視下ブロック


硬膜外ブロック

脊椎のトンネル内を通っている脊髄の周辺に局所麻酔薬を注入する治療法です。
脊髄は硬膜という文字どおり強固な膜によって守られています。
その膜の外側のスペースにブロック用の針を進め、局所麻酔薬を入れます。
すると脊髄から分岐した脊髄神経根の神経伝達が遮断され、支配領域の血管拡張、筋緊張緩和、鎮痛等の効果が得られます。

部位 適応症状・疾患
頚部 頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、むち打ち症、変形性頚椎症、胸郭出口症候群、慢性の頚部、肩、肩甲部の痛みなど
胸部 胸椎椎間板ヘルニア、胸椎捻挫など
腰部 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性腰痛、骨粗鬆症による腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、大腿神経痛など
頚・胸・腰部 帯状疱疹、神経損傷後の疼痛など

星状神経節ブロック

星状神経節ブロックとは、本来持っている自己治癒能力を、交感神経を一時的に麻痺させることにより高め、症状の改善を促す治療方法です。
ストレスなどを原因として、交感神経が刺激されると興奮して血管が収縮します。
血管が収縮するため血液の流れが悪くなり、様々な痛みや身体の変調が表れます。

星状神経節とは具体的に、頚部にある交換神経の集まっている場所で、局所麻酔薬により一時的にブロックすることで神経を弛緩させることで、自然と血管を広げ、血流を増加させ、症状の改善を促します。


■ 適応について

星状神経節ブロック治療は、頭・顔・首・肩・腕などの上半身の痛みから、治療が困難な病気まで、自然治癒力を高めることで、様々な病気や症状に適応し、効果を期待できます。

部位 症状・疾患
全身 自立神経失調症、本態性高・低血圧、起立性調節障害、冷え性、脳卒中後遺症、不眠症、多発性硬化症、重症筋無力症、慢性関節リウマチ、シェーグレン症候 群、全身性強皮症、バセドウ病、橋本病、潰瘍性大腸炎、ベーチェット病、帯状疱疹後神経痛、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、痛風、慢性疲労症候群、甲状腺 機能亢進・低下症
頭部 片頭痛、緊張型頭痛、頸性頭痛、群発頭痛、側頭動脈炎、脳血管萎縮、頭部外傷後遺症
顔面 顔面神経麻痺、非定型顔面痛、顎関節症
頸肩上肢 レイノー病、レイノー症候群、パージャー病、肩手症候群、頸肩腕症候群、椎間板ヘルニア、外傷性頸部症候群、 胸出口症候群、肩関節周囲炎、関節炎、肩こり
腰下肢 腰下肢痛、変形性膝関節症、バージャー病、閉塞性動脈硬化症
循環器 狭心症、洞性頻脈、不整脈
呼吸器 慢性気管支炎、肺気腫、過換気症候群、気管支ぜんそく
消化器 過敏性腸症候群、胃炎、肝炎、クローン病、消化性潰瘍、逆流性食道炎
産婦人科 月経困難症、更年期障害、子宮摘出後自立神経失調症、尿失禁
泌尿器科 神経性頻尿、インポテンス、尿失禁、ネフローゼ症候群、IgA腎症
皮膚科 全身多汗症、掌庶膿疱症、帯状疱疹、単純疱疹、天疱瘡、ケロイド、進行性指掌角化症
眼科 網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、中心性網膜症、原田病、ぶどう膜炎、視神経炎、類嚢胞黄斑浮腫、角膜ヘルペス、角膜潰瘍、白内障、緑内障、アレルギー性結膜炎、瞳孔緊張症、飛蚊症、眼精疲労、ドライアイ、VDT症候群、屈折異常
耳鼻科 花粉症、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、鼻茸、慢性副鼻腔炎、急性副鼻腔炎、術後性上顎嚢胞、突発性難聴、侵出性中耳炎、メニエール病、良性発作性頭位眩軍、鼻閉、扁桃炎、耳鳴り、咽喉頭異常感症、いびき、睡眠時無呼吸症候群

神経根ブロック

神経根とは、椎間孔を通って脊柱管外に出た脊髄神経のことで、神経根およびその周囲に局所麻酔薬とステロイド薬の混合液を注入するブロックを神経根ブロックと呼びます。
硬膜外ブロックが感覚神経と交感神経の両方を遮断するのに対し、神経根ブロックは体性神経優位のブロックです。(交感神経にも作用します。)
脊髄神経により 第2頚神経脊髄神経節ブロック 頸部神経根ブロック 胸部神経根ブロック腰部神経根ブロックなどに分類されます。

適応疾患
腰椎ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎症、頸椎ヘルニア、頸椎症、帯状疱疹神経痛、複合性局所疼痛症候群など

三叉神経ブロック

顔面に痛みを生じる代表的な疾患で、食事や会話、ひげそり、歯磨き、洗顔などで、突然の激痛に襲われ数分で治まるのが特徴です。この様な症状の場合に行う治療が三叉神経ブロックです。

三叉神経ブロックは外来で行う5分から30分の治療でほとんどすべての痛みを取ることができます。症状にもよりますがおおよそ1年~5年ほど効果が継続します。数年ごとにこの治療を行うことで三叉神経痛に対処することができます。

適応疾患
特発性、症候性三叉神経痛耳介側頭神経ブロックは片頭痛、群発頭痛による側頭部痛に効果を期待できます。

後頭神経ブロック

後頭部には後頭神経という神経が走っており、髪の生え際から頭頂部にかけてキリキリと突き上げるような、発作的な痛みを生じることがあります。
この様に、頭に自覚症状が表れる神経痛で特に後頭部に生じる発作的な突くような痛みを 後頭神経痛と言います。
後頭神経痛ブロックの効果は2~3時間ほどですが、痛みの悪循環を解消することにより長期間の鎮痛効果が期待できます。

また、副作用の少ないブロックであるため繰り返し行い、頭痛などのコントロールを行うことができます。

適応疾患
頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、胸郭出口症候群、上肢CRPS、上肢の急性期および慢性期の疼痛緩和、リハビリテーション時の痛みの緩和など

肩甲上神経ブロック

肩疾患全般に行うブロック療法です。

肩甲上神経は肩関節・肩甲骨周辺・腕などの知覚や運動を司っているので、この肩甲上神経周辺をブロックすることにより、肩甲上神経が司っている領域を麻痺させて痛みを遮断します。特に四十肩・五十肩などの肩の痛みに効果が期待できます。

適応疾患
四十肩・五十肩、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、肩関節周囲炎など

腕神経叢ブロック

腕神経叢ブロックとは、頚椎の第5~7番目までの神経が束になって出てくる部分を言います。神経の束は袋に包まれた状態になっており、この部分に局所麻酔薬を注入することで神経の痛みを和らげる治療法です。

頚椎症や頚椎椎間板ヘルニア、鞭打ち症(外傷性頚部症候群・頚 椎捻挫)などに効果が期待できます。

適応疾患
頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、胸郭出口症候群、上肢CRPS、上肢の急性期および慢性期の疼痛緩和、リハビリテーション時の痛みの緩和など

肋間神経ブロック

肋間神経は胸髄の胸髄神経より発し、肋骨の下縁を走行し、前腹部に至り、胸部や腹部の知覚や運動を司っています。肋間神経ブロックとは肋間神経に局所麻酔薬やステロイドを注入することで、肋間神経由来の痛みを取り除く治療となります。

適応疾患
胸椎部疾患(骨粗鬆症・脊椎圧迫骨折・骨腫瘍・変形性脊椎症など)に伴う肋間神経痛や肋骨骨折後の難治性疼痛、帯状疱疹後神経痛など

大腰筋筋溝ブロック

大腰筋筋溝ブロックは腰椎、腰方形筋、大腰筋に囲まれたスぺースに局所麻酔薬を注入し、痛みの緩和を図る治療です。
腰神経叢という神経が束になって出てくる部分があり、ここをブロックすると腰から足にかけての大部分の神経をブロックすることができます。

適応疾患
腰下肢痛、股関節痛、下肢の急性帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、術後痛、血行不良、がん性疼痛、股関節から膝関節の骨折痛の緩和など

椎間関節ブロック

頚椎と同様、腰椎にも椎間関節という小さな関節があります。
背中の真ん中にふれる骨(棘突起)の約2cmほど外側に椎間関節があります。脊椎が年齢的な変化を起こすと、この椎間関節に大きな負荷がかかるようになり、何らかのきっかけで椎間関節が痛みの発生源となります。関節部分なので動かすと痛み、特に腰を反らすとより大きな負荷がかかるため痛みも強くなります。

頚椎と同様に、レントゲン透視下において、発生源の関節内に局所麻酔薬やステロイドを注入し治療します。

適応疾患
重度のギックリ腰、腰下肢痛(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などによる)、股関節痛、下肢の急性帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、手術後痛、血行不良、がん性疼痛、股関節から膝関節の骨折痛など

腰部交感神経ブロック

腰部交感神経節ブロックとは、下肢を司っている交感神経を局所麻酔薬を注入してブロックし、痛みの緩和を図る治療です。

バージャー病・閉塞性動脈硬化症などの下肢の血行障害、脊柱管狭窄症による下肢の疼痛あるいは 帯状疱疹後神経痛などに高い効果を期待できます。

適応疾患
腰部脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、糖尿病性神経障害および壊疽、帯状疱疹後神経痛、反射性交感神経性ジストロフィーなど

不対神経節ブロック

不対神経節ブロックは、仙骨と尾骨の接合部に位置する神経節に局所麻酔薬を注入することで痛みを緩和する治療です。ここを発生源とする痛みには難治性の肛門部疾患(痔)などが挙げられます。

適応疾患
痔核根治術後の持続性肛門部痛、外傷性肛門部瘢痕痛、難治性肛門部痛、難治会陰部痛、骨盤内悪性腫瘍、直腸がん術後痛など

トリガーポイントブロック

トリガーポイント(疼痛誘発点)とは、具体的に、最もコリの強い部分、最も痛みが強い部分、圧迫により痛みが放散部分を指します。
多くのトリガーポイントは、直接的な外傷や慢性の筋肉疲労などが原因で発生し、筋肉、または筋膜が緊張している部位に存在します。
一方で、内臓の異常などでも、肩や腰の周辺にトリガーポイントが発生することがあります。例として心臓、膵臓の異常では左肩から背中にかけて痛みを発症したり、尿路結石症などでは腰に痛みが表れます。
これらは内臓体壁反射と呼ばれ、内臓からの関連痛によってトリガーポイントが形成されます。
トリガーポイント注射では、局所麻酔薬とステロイド薬を混和した薬液をトリガーポイント内へ注入します。その作用で、痛みの悪循環を遮断し、血流を改善や筋肉の緊張を和らげ、体内の痛みの原因となる物質を除去します。

トリガーポイント注射のポイントは、慢性痛が形成される前に早めに処置を行うことが大切です。

適応疾患
こり、緊張型頭痛、筋・筋膜性疼痛症候群、線維筋痛症、頸椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など

レントゲン透視下ブロック

透視(とうし)とは、レントゲン透視装置を使って体の内部を透かして視る技術です。
透視下ブロックは、対象となる部位(関節、神経の通り道)を透視した映像を視ながら対象部位へブロック注射を行う治療方法です。

治療にはいくつか分類があり、前述の神経根ブロックや椎間関節ブロックの他、椎間板加圧注入法という治療法があります。

クリニック概要

三軒茶屋ペインクリニック

〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-23-12 井上ビル
三軒茶屋クリニックモール内

[TEL] 03-6805-3344


東急田園都市線『三軒茶屋駅』徒歩0.5分

東急世田谷線『三軒茶屋駅』徒歩1分

お車の方は首都高速『三軒茶屋出口』から0分

※近くに大型のコインパーキング多数有。
※キャロットタワー(レンガ色の超高層ビル)地下駐車場は(広くて)確実です。
※自転車でお越しの方は近隣に駐輪場(2時間利用無料)もございます。


▼診療受付時間
平日 08:50 - 12:30    14:50 - 18:30
土曜 08:50 - 14:00
休診日 木曜・日曜・祝日

診療受付時間 日/祝
8:50 - 12:30
14:50 - 18:30

【初めて当院を受診される患者さまへ】
診療や検査に時間がかかることがありますので、
受付終了時間の1時間前までにお入り下さい。